☆彡レーシックの手術方法を理解しよう

実際にどのようにしてレーシックが行われているのか大まかな手術法を覚えておくようにしましょう。
「レーシックを受けに行ったら想像していたものと違う」とならないようにしっかりと勉強をしておくことが大切です。 視力が悪化してしまうことにより、普段の生活を思い通りに送ることが出来ない人も多くいることでしょう。
そんな人にレーシックは一つの手段であり、諦めていた視力回復をレーシックで取り戻すことが出来てしまうのです。
レーシックでは、まず最初に眼球に麻酔をかけますが、これは目薬なので注射のように痛みを感じることはありません。
目薬の液体の中に麻酔となる成分が含まれており、このことを点眼麻酔と呼んでいます。

 

実際のレーシックではレーザーで角膜を削りめくっていき、そのめくったところにレーザーを照射し、フラップを調整していきます。
最終的に抗生剤の入った目薬を挿して終わりで、おおよそ15分〜30分程度で全ての過程が終了します。



☆彡レーシックの手術方法を理解しようブログ:2022-05-15

1週間くらい前久しぶりに、
オレはミートソースを手作りで作りました。

人参も、玉ねぎも、ピーマンも…
全ての野菜をみじん切りにするんですよね。

みじん切りをしていると、
オレはいつも思い出す出来事があります。

それは、小学校の低学年の時の事です。

オレが一人で、
家族の夕方飯の支度をした
初めての事だったのではないかと思います。

学校で調理実習をやってご機嫌だったんですよね。
嬉しくなったオレは、
母に夕方飯はオレが一人で作るって言って
台所に立ったんです。

ところで!
みじん切りって、
あらゆる切り方の中で一番手間がかかりますよね?

そうです。
ろくに家事などやったこのない子どもが、
玉ねぎのみじん切りをしているところを想像してください…
当然オレは、長時間、まな板の上で野菜たちと格闘していたのです!

学校で教えてくれる「みじん切り」って
短冊状に切って、それを細長く千切りにして、
さらに、細かく切っていきますよね…

かなり時間がたってから母が台所に現れ、
「まだ切ってたの」と苦笑い。

そして、短冊状ではなく、
斜めの細い輪切りにしてから、
千切りにして細かくしていきました。

その後が
当時のオレには感動的だったんですよね。

みじん切りにするときに、
包丁の先をまな板に固定して、
ざくざくと細かくしていく作業ありますよね。
母はそれをやったのです!

子どもながらに、お〜すごい!!
と思いました。

今思えばどうってことないことなのですが、
そんなこと知らないオレは先生が教えてくれるままに、
一回一回切っていたのですから…

こうして、新しい技術を手に入れたオレは、
正味120分くらいかかったでしょうか、
それでも、なんとかミートソースが出来上がりました。